イオの末裔 冷酷無比な教団《鬼神真教》の魔の手から逃亡する主人公の私(鬼塚宏樹)の恐怖の一日を描く、草野巧の小説『イオの末裔』。