いのちを守る都市づくり [課題編]東日本大震災から見えてきたもの オール大阪市立大学が挑んだ1年間にわたる研究成果の集大成。挿画を担当しました。
工場は生きている―ものづくり探訪 神戸新聞の連載第2弾。今度はフルカラーです。
工場を歩く―ものづくり再発見 兵庫の工場55箇所を歩いて描いた、神戸新聞の連載の単行本第1弾。
大阪人増刊 ザ・大阪のデザイン 2012年 04月号 [雑誌] 「城郭・寺社のかたち」コーナーでイラストを担当。
ものづくりの現場から―まちの希望がここにある (かもがわブックレット) 2012年2月に開催したシンポジウムの実況版。「工場は生きている」の副読本ともいうべき冊子です。
更地の向こう側―解散する集落「宿」の記憶地図 東日本大震災で被災した集落を見て、聞いて、想像して、描いた。