ただマイヨ・ジョーヌのためでなく (講談社文庫) 膀胱がん脳転移を克服し、ツール・ド・フランスで優勝したレーサーの自伝。鉄人過ぎて治療の参考にはなりませんが(笑)、感動してイメトレになります。
ガン病棟のピーターラビット (ポプラ文庫) 栗本薫の癌罹患エッセイ、悲愴的な文面はなく、死ぬなら癌がいいわね~、みたいな気の晴れるエッセイです。
死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫) 末期患者の精神構造研究書です。死に対しての捉え方拒絶~受容への過程が解説されています。
喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと 末期のリンパ腫から、死に際臨死体験をし、その時癌アポトーシスのスイッチが入った事により無事完治した方の著作です。心の持ち様について参考になります。