独習C++ 第4版 入門書にあるような初歩的な説明は無く、
C++についてクラス、継承などの基本的なことからSTLまでしっかり説明があります。そのため、この本でしっかり学ぶとC++の基礎は身につくと思います。
Effective C++ 第3版 (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTI) C++でプログラムが書けるようになってきたら一度読んでおくと良いと思います。初心者が読むと内容が理解できずに埃を被ると思いますが、C++でプログラム書くために知っておくと良い知識が満載です。
内容が少し古いというコメントもありますが、読んで損の無い内容だと思います。
Qtプログラミング入門―使いやすいフレームワークを基礎から解説 (I・O BOOKS) Qtのシグナルスロットの説明から簡単なプログラムを作成するために必要な基礎知識が書かれています。サンプルなどのボリュームは下記の書籍に比べると少ないですが、その分すぐに読めるので一読してからプログラムの作成に入るとスムーズに入れるのではないかと思います。
入門 Qt 4 プログラミング Qt4とありますが、Qt5のプログラムにも十分活用できます。描画方法やイベントの取り扱い方法など、知っておくと便利なことがサンプル付きで書かれているので入門の方があれば十分という方も多いと思います。入門である程度理解して後はヘルプを見るという方法でプログラミングしていけると思うので迷ったらこれを購入しておけば良いと思い
実践 Qt 4プログラミング 実践の方は音楽の再生など、やりたいことを実現する方法が書かれており、実践向きの無いようになっています。そのため、目次を見て自分の実現したい内容と合っているか確認した上で参考になりそうなら購入をお勧めします。
Qt QuickではじめるクロスプラットフォームUIプログラミング QMLでプログラミングをする場合にはこの本を参考にすると良いです。Qt4プログラミングなどの書籍はC++でのプログラミングのサンプルなので、QMLでプログラミングを行う場合にはそのまま参考にはなりません。こちらの書籍はQMLでサンプルも記述されていたり、QMLとC++を両方利用する方法に触れていたりするのでQMLでプロ