生きる 2013年出版。小野田さんが熱い思いを、自らの体験をまじえながら語りました。
小野田寛郎の終わらない戦い 2005年出版。小野田さんのロングインタビュー。
小野田寛郎―わがルバン島の30年戦争 (人間の記録 (109)) 1999年出版。1974年講談社刊「わがルバン島30年戦争」の改題。
私は戦友になれたかしら―小野田寛郎とブラジルに命をかけた30年 2002年出版。小野田さんの奥様が2人の出会いからブラジルでの生活、命をかけた牧場の開拓などを語りました。
君たち、どうする? 2008年出版。活力を失っていく日本の子どもたちに-。小野田さんが綴った危機克服の教育論。
「靖国」のことを語ろう (WAC BUNKO) 2010年出版。“靖国を忘れた日本人”に熱く語りかける。2006年出版「だから日本人よ、靖国へ行こう」の新版。
たった一人の30年戦争 1995年出版。小野田さんが生と死のはざまで見つめた戦争と平和。
ルバング島戦後30年の戦いと靖国神社への思い (まほろばシリーズ) 2007年出版。NPO法人まほろば教育事業団のブックレットです。小学生・中学生向け。
名草戸畔 古代紀国の女王伝説 〜増補改訂三版〜 名草地方(現:和歌山市・海南市)には、神武の時代よりはるか昔、名草戸畔という女性首長がこの地を治めていたと伝わる。小野田さんが取材協力。
靖国神社 神社本庁編。小野田さんも執筆。