おらおらでひとりいぐも 「遠野弁」を味わい、「遠野の山里」を想像しながら、皆様にもお読み頂きたいものです!