渡良瀬 昔の生の板橋文夫を何回か聞いた。
何回かは、今はなき「タロー」で。
何回かは「アケタの店」で。

怒涛のような音に圧倒された。
あふれるパワーで押しまくるフレーズの嵐に張り倒される感じだった。

でも、このアルバムを聞けば、板橋が怒涛の激情ばかりの人でないことがよく判る。
「渡良瀬」というテーマのゆえか、むしろ本質は抒