二宮翁夜話 (岩波文庫 青 12-1) 二宮尊徳の高弟福住正兄-箱根福住楼主人が書き残した尊徳語録。
二宮尊徳 (人物叢書) 相模国(神奈川県)・駿河国(静岡県)を中心に、二宮金次郎研究の第一人者による人物伝です。
二宮尊徳と桜町仕法 (報徳仕法の源流を探る) 下野国(栃木県)研究の第一人者による尊徳研究です。桜町仕法は、報徳仕法の発端。
二宮尊徳 (1959年) (岩波新書) 研究概説書としては、古典的名著です。
二宮尊徳 (人間選書) 農学者である著者の視点は、歴史研究者の視点とも異なっていて、示唆に富んできます。
日本思想大系〈52〉二宮尊徳・大原幽学 (1973年) 二宮尊徳に関する基本史料。
報徳仕法と近世社会 尊徳研究の若手第一人者による報徳仕法論です。
二宮尊徳の仕法と藩政改革 小田原藩の藩政改革と報徳仕法についての総合研究です。